おみくじとは

おみくじとは

最近は、いろんなおみくじ占いがある。

おみくじ占いクッキーで簡単な運勢占うなど、占いが出来るお菓子も多い。
また、パーティーやイベントなどで、皆でワイワイ占いが出来る占いグッズなどもある。


もともとおみくじとは、御御籤・御神籤(おみくじ)・神籤(みくじ)で、神社・仏閣等で吉凶を占うために行う籤である。

「神籤」は「籤」に「御(み)」をつけたもの(御籤)であるが、神に関係のあるものであるので、「御神籤」と書く。

寺のおみくじは「御仏籤」と書く。

古代においては、国の祭政に関する重要な事項や後継者を選ぶ際に、神の意志を占うために籤引きをすることがあり、これが現在の神籤の起源とされている。

現在の神籤は、参詣者が個人の吉凶を占うために行われるもので、これは鎌倉時代初期から行われるようになった。

当時は自分でくじを用意するのが一般的であった。


※神社
神道の神を祭り、祭祀(さいし)や参拝のための施設のある所。また、その建物。やしろ。おみや。[大辞泉より]

※仏閣
寺院のこと。仏教の寺とそれに付属する別舎をあわせた称。また、広くイスラム教・キリスト教の礼拝堂にもいう。てら。[大辞泉より]

※籤(くじ)
くじとは恣意的な要素を加えずに勝敗・当落・順番を決める方法。または紙片・こより・枝・木片・棒・マッチ棒・電線などの用具を指す。
籤・鬮・孔子の字を当てる。

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。