日本風水とは

日本風水

日本風水(にほんふうすい)とは、陰陽道の別称。

天武天皇によって創唱された陰陽道は、天文・地理から暦道、食経に至るまでの広範な、しかし一貫した原理・体系であるが、いわゆる「風水」はその中の「地理」に含まれる。

しかし近年、支那風の呼称である「風水」がブームとなって人口に膾炙したことから、一般への普及呼称として、陰陽道を「日本風水」と呼ぶこともある。

中国風水、朝鮮風水、琉球風水などに対応する呼称。



※大ヒット映画「陰陽師」の高橋圭也が監修する占いサイト、「幻の陰陽師占い」
運気が向上する「お守り壁紙」や監修者による公開相談や願掛け占いのコーナーなど、メニュー充実!



陰陽道(おんみょうどう)は、古代の中国で生まれた自然哲学思想、陰陽五行説を起源として日本で独自の発展を遂げた自然科学と呪術の体系。「いんようどう」とも読む。

陰陽道に携わる者を陰陽師といい、陰陽師集団のことも陰陽道と呼ぶ。

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

風水 八卦鏡

風水に使用される道具、八卦鏡

八卦鏡(はっけきょう)とは、風水術で使われる専門の道具の一つ。

八角形の盤の真中に鏡を埋め込み、周囲に八卦の記号を記した物である。八卦の中心に鏡があるので八卦鏡の名がある。

風水において、凶作用を反射させて化殺(軽減)する、あるいは吉作用を集中させて吉を増す目的で使用される。

風水で使用される八卦鏡の種類は、凸面鏡、凹面鏡、平面鏡を配した3種類のものが一般的であるが、鏡が無く八卦記号だけのものを貴節鏡、羅経鏡と呼ぶことがある。

平面鏡と凸面鏡は凶を反射させて化殺するために使用するが、凸面鏡は反射させた凶作用をさらに拡散させることを目的にしている。

凹面鏡は吉作用を反射させて特定方向に集中させる目的に風水師は使用する。



風水の伝説では周易以前には帰蔵易(歸藏易)(殷王朝の易)、連山易(夏の易)があったとされ、風水の道具、羅盤などに使用されている。

八卦鏡には先天図が使用される。

その違いは八卦を配列する方法の違いであり変化させたものが周易である。

また卦に河図洛書と関わる数字を当てた場合、帰蔵図は魔方陣になる。

連山易は乾坤を除いた次のように六芒星(ヘキサグラム)に配列したものであるとの説がある。




※八卦
八卦(はっけ、はっか)は、古代中国から伝わる易における8つの基本図像。すなわち、(乾)・(兌)・(離)・(震)・(巽)・(坎)・(艮)・(坤)の八つ。


※周易
周易(しゅうえき)とは、古代中国において50本の筮竹を用いた占いについて解説した書物。『易経』(えききょう)または単に『易』(えき)とも言う。


※筮竹
筮竹(ぜいちく)とは、易占において使われる50本の竹ひごのようなものである。算木とともに、易者のシンボルとして知られている。


人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

風水と住居

形法風水では、大地における気の流れを重視し、龍脈からの気の流れが阻害されておらず、運ばれてきた気が溜まり場になっているような土地に都市や住宅を建造しなければならないとする。

形法風水では、そうすることによってその地方や一家に優秀な人材が輩出され、冨にも恵まれると考えた。

陰宅すなわち墳墓も同様であり、祖先がいる場所が子孫に影響を与えるとし、土地がよければ子孫は繁栄し、悪ければ没落すると考えられている。



一方、理気風水では、方位の吉凶を重視し、個々人の生年月日によって決定される方位の吉凶にもとづき住居や墓の方位、住居内の配置などを決める。(w)


運がよくなる風水収納&整理術

李家幽竹著
読みやすく、具体的に説明されています。
お部屋の片付けと運気アップが同時に出来ちゃう!



※気
気(き)とは、中国思想の用語の一つ。一般的に気は不可視であり、流動的で運動し、作用をおこす。


※龍脈
龍脈(りゅうみゃく)とは、大地に流れる「気」の流れのこと。風水の基本となる言葉。

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

風水とは

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置を決定するために用いられてきた。

気の流れを物の位置で制御する思想。堪輿(かんよ)ともいう。


風水で選ぶ安眠5色が大人気!
低反発安眠枕ネロ




風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を陽宅(ようたく)、墓(すなわち死者の居住空間)を陰宅(いんたく)と呼んで区別している。


古代からの相宅や相墓といった占いの技術が陰陽五行説に基づきつつ総合されて成立した。


風水は大別すると、巒頭(らんとう)と理気(りき)に別れる。

巒頭(らんとう)は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法であり、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれる。

一方、理気は陰陽五行や八卦、易理(易)、方位など目に見えないもので判断する方法であり、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれる。



ちなみに、現代科学における風水は地磁気と人との関係を追究している。



※地磁気
地磁気(ちじき)とは、、地球が持つ磁気及びそれにより地球上に生じる磁場の総称。

現在は北極部にS極、南極部にN極が相当する磁極があり、方位磁針を用いて方位を知るのに利用されている。

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。