算命学(中国占星術)とは

算命学(中国占星術)とは中国に発祥した干支暦をもとに、年と月と日の干支を出して、人の運命占う占星術である。

さらに、中国陰陽五行を土台とした運命学でもあり、命を計算する運命学を総称して算命学(中国占星術)または算命術ともいわれる。

算命学(中国占星術)には、命を計算し、それを数字に置き換えてエネルギーを計算する技法も含まれる。


算命学(中国占星術)の技法は、陰陽五行による思想学と占術としての運命学の二つの理論と技術を持ち、運命学理論を占術が証明し、占術の技法を陰陽五行の思想学が支えることを土台として、膨大な理論と技術の上に成り立つものである。

その膨大な技法と思想は、十六の理論体系となり十六元法といわれ、この技法を使うと、先祖三代、子孫三代まで占うことができるとされる。


算命学(中国占星術)占術、技法の根幹は、「人」は自然界の一部として、「人」の運勢を自然界に置き換えて運命を分析する技術、思想の体系にある。


算命学(中国占星術)思想は「天」「地」「人」三才と陰陽の思想からなり、「人」の運命は、「役目と環境が一致するところにおいては、自然(古代においては神)がその人を必要とする存在となり、役目と環境が一致しないところにおいては、自然はその人を淘汰する。」という厳格な判断をする。


また、この思想によって、人の運命を予測することができるものとする。(w)

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。