六星占術 殺界

殺界(さっかい)六星占術で、よくないとされる運気の流れ。殺界は星人ごとに違う。占命盤で殺界にあてはまるのは、以下の5つの運気。

健弱(小殺界)
乱気(中殺界)
陰影(大殺界)
停止(大殺界)
減退(大殺界)

特に、陰影・停止・減退は何を始めるにも何をやるにもよくないとされる大殺界であり、小殺界や中殺界と異なり、3年(または3か月、3日)継続する。

停止の前後の年月日は特に注意して慎重に行動するべきとされる。

また十干で生まれ年や星回りが逆の位置にあると宿命大殺界として、最も注意しなければならない時期に入る。

停止のときの年月の地支は本人の生まれた日を中心にして必ず空亡に該当する。

逆に「達成」のときの年月の地支はその正反対(冲(6年または6か月離れている))である。

本来四柱推命は陰陽五行の生剋制化を中心に考察されるものであるが、空亡という一見無価値なものを中心に構成しているところに斬新さがある。

空亡の原義からして生まれた日の地支は空亡にならないが、生年生月生時は生まれた日の干支から比べて空亡になる場合も出てくる。

生年月日時のいずれかに空亡の地支がある人は空亡の年月を迎えて空亡が解かれる(空亡填実)。

空亡填実のときは本来機能しない空亡の支が機能するのでその地支が本人に必要な場合、運勢上発達する結果になる。(「達成」の時である) 

こうした事象を説明するため単に土星人、金星人等というのにとどまらず、霊合星人なる概念を発案したものである。 数理科学的に興味深い要素を含んでいるだけに更なる解明が待たれる。

ただし、この宿命大殺界は、算命学の大運天中殺のシステムと酷似しているとの指摘もある。 また細木数子本人は「殺界のタブー」を守っていないという実態がある。

ちなみに大殺界、中殺界、小殺界に年運、月運、日運、相性運まですべて入れて計算した場合では実に人生の70%以上が殺界となってしまう。(w)

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

六星占術 運命星

六星占術における運命星は、星数と名付けた生年月日の日の干支を数値(1-60)で表したものを、6つの星に割り当てている。

なお星数を簡易的に出すために各年月の数値をまとめた表を運命数表といい、数値を運命数という。生まれた日の干支と運命星は下記の対応となっている。


土星人(1-10:戌亥が空亡)
生まれた日の干支が、甲子・乙丑・丙寅・丁卯・戊辰・己巳・庚午・辛未・壬申・癸酉(おおむね日支に印綬、偏印が並ぶ)

金星人(11-20:申酉が空亡)
生まれた日の干支が、甲戌・乙亥・丙子・丁丑・戊寅・己卯・庚辰・辛巳・壬午・癸未(おおむね日支に官殺(正官、偏官)が並ぶ)

火星人(21-30:午未が空亡)
生まれた日の干支が、甲申・乙酉・丙戌・丁亥・戊子・己丑・庚寅・辛卯・壬辰・癸巳(おおむね日支に官殺(正官、偏官)が並ぶが日干は日支に通根しない)

天王星人(31-40:辰巳が空亡)
生まれた日の干支が、甲午・乙未・丙申・丁酉・戊戌・己亥・庚子・辛丑・壬寅・癸卯(おおむね日支に財星(正財、偏財)が並ぶ)

木星人(41-50:寅卯が空亡)
生まれた日の干支が、甲辰・乙巳・丙午・丁未・戊申・己酉・庚戌・辛亥・壬子・癸丑(おおむね日支に食傷(食神、傷官)が並ぶ)

水星人(51-60:子丑が空亡)
生まれた日の干支が、甲寅・乙卯・丙辰・丁巳・戊午・己未・庚申・辛酉・壬戌・癸亥(おおむね日支に比劫(比肩、劫財)が並ぶ)


空亡の年月に人命が亡くなるというのはいささか誇張しすぎの感があるが、それを中心に流年の周期を考えるのは非常に玄妙といえる。

天干地支の相互作用、十二運の強弱など見事に包摂した解釈である。細部では未完成であるが、難解な四柱推命を簡単な周期表に近似したことは注目されるべきである。


なお土星人、金星人などという呼称は空亡になる地支本気の五行に因っている。(例―空亡戌亥のとき戌(本気戊(つちのえ)―土星人、空亡申酉のとき申(本気庚(かのえ)―金星人)、天王星人については五行にないので別に考案している。)
(w)

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

六星占術とは

六星占術(ろくせいせんじゅつ)は、宗教家の細木数子氏が中国古来の易学や算命学、万象学などをもとに、独自に編み出した占い

なお、本人は「独自に編み出した」と主張しているが、その内容は算命学及び0学占術(御射山宇彦考案)に酷似している。


六星占術では、その人の生まれ持った運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けて占い、それぞれの運命星を持った人を
土星人(+・−)
金星人(+・−)
火星人(+・−)
天王星人(+・−)
木星人(+・−)
水星人(+・−)
と呼ぶ。

また、ある特別な条件がそろったときに限り、霊合星人も存在する。

ちなみに、「霊合星人」とは、それ単体で独立している呼称ではない。(例えば、土星人の霊合星人という呼び方をされる。)


それぞれの人の運命星は、生年月日によって算出された運命数、星数により決定する。

運命星によりその人の占命盤が描かれ、これをもとに占いが行われる。

四柱推命でいう空亡に特に重点を置いた算命学の一つの解釈と考えられる。


空亡とは本人の生まれた日の暦上の干支を六十干支表に当てはめてみて、甲から始まり癸に終わる周期の一組に存在しない地支(空支)またはその地支を持つ干支の年月日時である。

空亡の作用は「位あって禄なし」といわれるようにその干支が本人に及ぼす作用が空虚になることである。

流年が空亡の場合は概して用神(本人にとって必要な天干地支)に剋傷あるので危険になるのであり、空亡だから即危険というものではない。

陰陽五行の作用を考慮する方が妥当である。

現在の六星占術は、占術である六星占術のほかに故・安岡正篤氏の陽明学と、久保田家石材商店(現、亘徳(こうとく))が設立した新宗教の大国教会で学んだ「宗教学」が組み合わさったもので、「宗教(新宗教)色の強い占い」に変貌した。
(w)

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。