数秘術の方法

数秘術で占う方法は、一般的に、生年月日や姓名を数字に置き換えて、ひと桁(11、22、33等は例外の場合有り)になるまで全ての数字を足し、最後に出た数字の持つ意味から占う

計算方法として、ピタゴラス式やカバラ等がある。

誕生日からは誕生数が、姓名からは姓名数が導き出される。

また、誕生日や姓名の一部だけ計算したり、誕生日と姓名の数を組み合わせたりする事もある。
(誕生数・姓名数は、違う用語が使用される事もある)


日本人を占う場合、姓名をローマ字(ヘボン式)で表記し、そのアルファベットをさらに数字に置き換える事が多いようである。


誕生数は一生変わらない事から、持って生まれた性格や先天的な宿命等が占えるとし、姓名数は結婚等で姓が変わったりする際の運命や、呼び名(ニックネーム)の場合の運命等、表面的な事が占えるとする。


生年月日や、占いたい過去や未来の日付等の数字データ、もしくは姓名等、数字に置き換えられる一部の個人情報が必要になる。



※カバラ
聖書を神秘主義的に解釈する際、

・ゲマトリア(ヘブライ語の単語を構成する各文字を数字に置き換える)
・ノタリコン(文や単語の連なりの頭文字を取って新しい単語を作ったり、単語からもとの文や単語の連なりを復元する)

などと呼ばれる一種の暗号解読法を用いる場合がある。
これらが後に世俗化し数秘学、数秘術と呼ばれる運命解読の方法となった。


※ローマ字
ラテン文字のアルファベットを用いて日本語を表記したものである。
(w)

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

数秘術の歴史

数秘術は西洋占星術や易学等と並ぶ占術の一つであるが、数秘術の創始者は一般的に、『ピタゴラスの定理』で有名な「ピタゴラス」と言われている。

彼は「数秘術の父」として知られているが、その数千年前のギリシャや中国、エジプトやローマでも数秘術が使われていた事を示す証拠が存在している。

当時は、許された者にのみ、口頭でその情報が伝えられていたようである。


ピタゴラスは、紀元前6世紀の南イタリアで生まれた哲学者・数学者で、その思想からピタゴラス派と呼ばれる哲学・宗教運動が生まれ、神聖ローマ帝国の全域に広がっていった。


ピタゴラスは、全ての事象(魂や感情と言ったものまで)は数字に関係していると見なし「現実は数学的」であり「数字には意味がある」と信じ、「万物の根源は数である」と考えた。

そして、その考えは数秘術にも受け継がれていく。

ピタゴラスの後、その思想はプラトンに引き継がれ、数学の発展と共に成熟していく。


さらに、西洋占星術タロット等とも結びつき、ユダヤ教のカバラの書物によって補強され、ルネッサンス期にはヨーロッパで隆盛を極めた。

現在では、アメリカ・ヨーロッパ全土で注目されている。



※タロット
タロットtarotは、ヨーロッパでは主として遊戯に、アメリカと日本では主として占いタロット占い)に使用されるカードのこと。
タロット占いには、大アルカナと呼ばれる22枚のカードだけを使い占う方法と、小アルカナと呼ばれる56枚のカードも合わせて計78枚で占う方法がある。



西洋占星術
西洋占星術は、占星術の一種。
太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・海王星・天王星・冥王星の10天体を主に使って占う
(w)

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

数秘術(すうひじゅつ)とは

数秘術(すうひじゅつ)とは、西洋占星術や易学等と並ぶ占術の一つで、ピタゴラス式やカバラ等が有名である。

数秘学とも言う。

一般的な占術の方法は「命術」で、占う対象の生年月日(西暦)や姓名などから、固有の計算式に基づいて運勢傾向や先天的な宿命『=運命(うんめい)。もとから定められている巡り合わせ』を占う方法である。

今なお行われる易占いの根本原典であるが、現代の軽さとは大いに趣きを異にして、占いは古代にあっては、共同体の存亡に関わるきわめて重要かつ真剣な課題であり、占師は政治の舞台で命がけの責任も負わされた。

数秘術の創始者は一般的にピュタゴラスと言われている。


※ピュタゴラス(ピュータゴラース、ピタゴラスとも呼ばれる)は、古代ギリシアの数学者、哲学者。ピタゴラスの定理等で知られる。
「物事の根源は数である」と考えた。例えば、男は 2、女は 3、結婚が 6(=2×3) といった具合にである(数秘学・ピタゴラス式の計算式)。


西洋占星術は、占星術の一種。
太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・海王星・天王星・冥王星の10天体を主に使って占う


※易学は易経ともいう。
易経(えききょう)は、古代中国において50本の筮竹を用いた占いについて解説した書物。『周易』(しゅうえき)または単に『易』(えき)とも言う。
(w)

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。