占星術とは

占星術(せんせいじゅつ、古代ギリシア語:astrologia)は、太陽、月、惑星などの天体の位置や動きなどに基づく占いの学問であったものが占いとなったもの。

古代バビロニアで行われた大規模な天体観測が起源であり、ヨーロッパ、インド、アラブ世界へ伝わったと言われている。

主に国家や王家の吉凶判断に使われた。

ウルアンナ鳳宮の超神秘占術館


バビロニア占星術は紀元前三世紀頃にギリシアに伝わり、個人の運勢を占うホロスコープ占星術に発展した。

astrologia のastro の名詞は古代ギリシア語の astron 星でありastrologiaとは星について考えたことという意味になる。

astro nomy(nomos 秩序の意味)天文学とはastrologiaのなかで星の動きなどについての学問であった。

ちなみに、astrologistは占星術者である。

二世紀頃にはインドに伝わりインド占星術として現在でも盛んである。

現在一般に流布しているのは、この西洋占星術と言われるもので、現在日本で星占いとして流布している通俗的な占いも西洋占星術を簡略化したものである。

古代中国では天文と呼ばれる占星術があったが、バビロニア占星術とは異なり、天体の配置ではなく日食、月食、流星、彗星など天変現象に注目したものであった。

天変は天が与える警告であるという考え方であり、一般に天変占星術と言われる。

そもそも地軸の傾きはこの1000年間に変わっており、星の位置自体意味を成さない。(w)

人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。