占いとは

占い(うらない)は様々な方法で、未来や他人の心の内など直接観察することのできない出来事について知ること。またはその方法。

占いを鑑定する人を占い師または占い鑑定師という。

また手相家、気学家、人相家など「家」を付けたり、易者ともいう。お客は先生と呼ぶことが多い。

占いは「統計」と混同されるが、占いは独自の理論と個人の経験で構成されており、統計や統計学、科学としての研究からは由来してはおらずまったく異なるものである。

例えば占星術は古代に天文学と重なっていたたが、天文学が自然科学として発展したため現在では全く関係が無い。

占いの種類は、大別すると命・卜・相(めい・ぼく・そう)の種類に分かれる。

目的に応じて占いを使い分ける、組み合わせることが肝要である。
(また命・卜・相に医、山を加えて五術ともいわれる。)

また現代的視点では命は統計学的情報に基づいて予測される占い、卜はその占いに使用する媒体が示す確率論に基づいた占い、相は積み重ねられた経験則に基づいた占いと考えられている。

占いは、その信憑性が科学的にはっきり証明されていないにも関わらず、占われる人に対して かなりの影響力を持つ。 (w)


人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。