姓名判断のやり方

姓名判断は、人の姓名からその人の性格や人生を占うものだが、その中心となるのは五運である。

五運とは、姓名を天格・人格・地格・外格・総格の5つに分けたもの。
さらに霊数や凶数などを用いる。

占い方は、姓名判断を行なう占い師によって、微妙に異なる。


赤ちゃんの名前を考えているなら
『名前あるある大辞典』
          名前あるある大辞典 Ver.4 ナマエアルアルダイジテン4-W[ナマエアルアルダイジテン4W]【J:4511014004848-9-55】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】パソコンで使うソフトです。


五運

○天格(祖格)
姓の総画数。霊数は加えない。 祖先運。晩年になるほど、影響力を強める。 天格だけで吉凶は判断しないが、姓と名の格数の関係が、姓名判断においては重要であるとされる。

○人格(主格)
姓の最後と名の第一字を足したもの。 主運。 姓と名双方の画数を用いることから、 姓名の中心、五運の中核を成す。 同一の格数であっても、姓と名からどのような画数が組み合わさっているかによって、その強弱が左右される。 人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与える。

○地格
名の画数の合計。一字名でもその人の性格をあらわす。霊数は加えない。 幼年期の運勢をあらわし、人物の成長過程に強い影響を与えるため、性格・才能・金運・適職、性的傾向に関与する。

○外格
総格から人格を引いた画数。一字姓、一字名の場合はそれぞれ、霊数を用い1を足す。 姓も名も一字の場合は2を足す。 家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 一字姓、一字名に霊数を加える。

○総格
姓名の総画数。霊数は加えない。 人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年の運勢に大きく影響する。



※霊数
霊数とは一字姓/一字名の場合に足す数。
熊崎流姓名判断では、姓が一文字の場合、姓の前に一を加える。
名が一文字の場合は、名の後に一を足す。


※凶数
凶数とは、凶意を示す数。
ただし、姓名とは強弱の調和が最も重要であり、姓名の一部に凶数を含むことが、一般的に「悪い」と解釈されるべきではない。
以下の数字: 2 4 9 10 12 14 19 20 22 26 28 46 50 54 55 59 60 62 64 66


200万人の利用者を誇る究極の姓名判断〜桃源紀行〜

姓名判断はもちろん、命名・改名や会社・ペット名診断まで幅広く活用できる!結婚メニュー等スペシャル鑑定も大充実!




人気blogランキングに参加しています。
たくさんの占いサイトはこちらから→rank.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

占い相談 : ★ 安斎勝洋先生による姓名判断 ★
Excerpt: ■占いの種類■ 安斎勝洋先生による姓名判断【無料】        http://www2.uranai-angel.com/dion/anzai/index.html ■解説■ 開運アドバ..
Weblog: 占い相談
Tracked: 2006-09-16 06:30

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。